スタッフブログ

相談員ブログ 数珠つなぎ42

2017.12.23 個別記事リンク

メッツ大手の相談員の山添です。雪が積もっては消え、積もっては消えと繰り返している長岡ですが、インフルエンザ流行の真っ只中です。今年は、インフルエンザのワクチンも数が少ないのか、取り合いになっているようです。
インフルエンザはワクチンを打ったからといって、かからない保証はないため、対策が大事です。基本の手洗い・うがい、マスクをつけるのはもちろんのこと、室内温度20度以上、湿度は50~60をキープするのがいい予防方法です。暖房を使い、乾燥するため湿度の維持はなかなか大変です。
湿度を保つために使うのは加湿機だけでなく、加湿ペーパーというものもあります。デザインが素敵なものが多く、猫や犬などの動物、植物の形など様々あり、加湿もできる優れものです。
年越しも寒さと風邪に負けず元気に過ごしたいですね!

相談員ブログ 数珠繋ぎ41

2017.12.17 個別記事リンク

12月も折り返し地点にやってまいりました、メッツ川崎の諏訪田です!
先日、今年の漢字「北」が発表されましたが、きっと皆さんにもそれぞれが思う、この一年を表す言葉があるのではないでしょうか。
そんな私自身が思う、今年の漢字は“縁”です(^^)具体的には、今日に至るまでの、様々な選択肢を経て、この仕事に出会えたご縁、その中で出会ったお客様、職員の皆さん、日常的な生活の中で言えば、本1つ、お店の店員さん等、自身に影響を与えて下さったご縁が多くあった日々だったように思います。またそれは、何かの拍子に「ああ・・・あの時のあれが今に繋がってるんだな」と感じるものであり、どんな些細なことであっても、ぞんざいには出来ないなとも改めて感じる今日この頃です。
そして、新年を迎えるにあたって、どうなっていきたいのか、どう過ごしていくのか、小さな目標を整理していこうと思います。
年末を過ごすにあたって気温・体調の変化に気を付けながらも、どうぞ、皆さまも素敵な年越しをお迎えください。

相談員ブログ 数珠つなぎ40

2017.12.08 個別記事リンク

メッツ川崎の小林です。長岡は雪も降り、本格的に冬を迎えようとしています。もうすぐ今年も終わりまた新しい年がやってきます。
私自身、今年を振り返りますと国家試験に始まり、春には社会人として新たなスタートを切りなど、振り返ってみますとあっという間に過ぎた1年だったなと思います。また非常に1日1日が充実しており、良い1年になりました。この記事を読まれている皆様はどんな1年でしたでしょうか。この1年で学んだことや、経験したことを次の年に活かせるよう、常に研鑽し精進していきたいと思っております。

相談員ブログ 数珠つなぎ39

2017.12.01 個別記事リンク

月日が経つのは早いですね。12月になりました。今回は、とある日の出来事を…。

私が福祉業界で仕事をさせていただくようになった頃に当たり前の様に使っていた専門用語があります。『ムンテラ』と言う言葉です。病状説明という意味合いで使用されていました。先日、医療ソーシャルワーカーとの電話でのやり取りの中で「○○日にアイシー。あっ。病状説明があるので…。」私の頭の中は「アイシー?」「I See?」「??」電話の後、電話の内容を記録に残し、関係者へ報告し落ち着いたところで頭の中の「??」が気になり調べて見ました。

『ムンテラ』→「mundtherapie(ムント・テラピー)」(ドイツ語)で。本来の意味が「声かけで患者を癒やすこと(『mund=口』『therapie=療法』)」らしいのですが、日本では何故か病状説明となっているそうです。

私の頭の中の「??」は『I.C』でした。ちなみにこちらは『informed consent(インフォームドコンセント)』(英語)の略でした。内容についてよく説明を受け理解した上で→『informed』方針に合意する→『consent』で、具体的には病状説明にあたります。現在は『ムンテラ』ではなく『I.C』と言うことが当たり前になっているようです。

医療用語にはドイツ語と英語が混在している言葉もあるようで、日本から英語圏に渡り医療業務に携わっている方は、日常会話は短期間で何とか慣れるそうですが、医療英語に慣れ使いこなす事が大変なようです。

普段何気なく使っている言葉も時代の流れに見合った言葉に変化していること、広辞苑の編纂に長時間かけて改訂されていること。人ごと感じていましたが、身近に起こると、こういうことなんだ。と妙に納得していました。