スタッフブログ

人ってすごい。

2013.06.30 個別記事リンク

・協同意識の育成

・自己研鑽

・「責任と権限」に基づく行動

 

…年頭に掲げてやってきました。この種が、確実に芽を出し育っています。

週末、その芽たちが活き活きと話をしてくれることを楽しみにしています。

 

時代おくれに学ぶ。

2013.06.29 個別記事リンク

 

一日二杯の酒を飲み

さかなは特にこだわらず

マイクが来たなら 微笑んで
十八番を一つ 歌うだけ
妻には涙を見せないで
子供に愚痴をきかせずに
男の嘆きは ほろ酔いで
酒場の隅に置いて行く
目立たぬように はしゃがぬように
似合わぬことは 無理をせず
人の心を見つめつづける
時代おくれの男になりたい
…この歌にはマネジメント要素がてんこ盛りに込められている気がする^^;

PDCAサイクル。

2013.06.28 個別記事リンク

事業や目的を円滑に、効率的に遂行するものに、「PDCAサイクル」がある

①Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

②Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う

③Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する

④Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

①~④を継続して回転していくことで、常に歩調を見ながら的確に事業を進めていくことができる…。が実に難しい^^;

 

まずは綿密な計画。計画や目標なくして人がついてくるわけがない。(Plan:P)

そして始めの一歩は大胆に。発信は大きく。(Do:D)

しかし常に後ろを振り返りながら。周りを見ながら。(Check:C)

ケアや微調整を忘れずに。。。(Act:A)

 

思い返してみると、マネジメント業務はPDCAをひたすらに繰り返して進んでいく。

これが強制の意が強い「make」ではなく、共に挑む「Let’s」の構えであることが非常に肝要なのかなあ、と思う。

受け取る気持ちで様々。

2013.06.27 個別記事リンク

今日友達が、一日(唯一?)のご褒美のコンビニデザートを買っているところを知人に目撃され、「よっお金持ち!」と揶揄されたらしい^^;

もちろん彼女は浪費家でもないし、ささやかな一日の楽しみに水を差された気持ちで悲しかったという。

この状景、わかるなぁ…^^;

その人にとっての善悪の判断が、必ずしも他者に通用する訳ではない。無神経なひと言は慎むべきだし、また受け取る側も、決して相手は、さほどの悪意が無い事も、理解しないといけない。

そんな彼女の為になんとなくプリンを買ってあげたくなった日でした^^;

 

七夕に想う。

2013.06.26 個別記事リンク

子供の頃のように芝生に横たわり 夜空を見降ろしてみる

今にも泣き出しそうな いたづらな夜空だ

見えないから見つめるんだ 聞こえないから耳を澄ますんだ

会いたいから ここで幸せを願うんだ

きっと明日は雨 やっぱりあなたには会えないだろう

けどわたしの心には ちゃんと輝いている

あなたを想うことができる そのことが 大切なんだということを

私の心は輝いたまま ここで幸せを願い続ける

いたづらな夜空に 星がひとつ瞬いた