スタッフブログ

相談員ブログ 数珠つなぎ75

2018.11.13 個別記事リンク

 皆さん、こんにちは。生活相談員の大縫です。

11月も半ばに入り寒い日が増えてきましたね。それと共に木々が色付き落ち葉が増え少し寂しい季節になってきましたね。

 11月に入り1日から年賀状の販売が開始されています。

皆さん購入されましたか?私は、郵便局に予約を入れた所です。

この時期になると歳を取るにつれて年賀状を書くのが面倒くさいなと感じてしまいます。

しかし、年賀状の歴史や意味を紐解くと勉強になったので皆様にもお知らせしたいと思います。

年賀状の歴史は、はっきりしませんが奈良時代から新年の年始回りという年始の挨拶をする行事があり、平安時代には貴族や公家にもその風習が広まって挨拶が行えないような遠方などの人への年始回りに代わるものとして文書による年始の挨拶が行わなれるようになったと言われてます。

年賀状の意味は、新年を祝う言葉をもって挨拶し、旧年中の感謝と新しい年に変わらぬ厚情を依願する気持ちを、親しい相手への場合などには近況を添えるとのことです。

日本に近い韓国・中国・台湾にも似た風習があります。

今の時代、メール・SNSが発展し年賀状を出さずメール・SNSで済ませてしまう方も多くなってますが、年に一度年賀状で近況報告するのが気持ちがこもってて良いと私は思います。私は、年賀状派です。

皆さんも忙しい日々かと思いますが、年に1度年賀状を書いて気持ちのこもった挨拶を交わしてみてはいかがでしょうか。

私は、今年こそ早めに年賀状を仕上げようと思う今日この頃です。