スタッフブログ

相談員ブログ 数珠つなぎ73

2018.10.19 個別記事リンク

朝夕の肌寒さを感じながら、季節は11月を迎えようとしています。メッツ川崎の諏訪田です。

少し気が早いですが、今年1年の世の中の動きを振り返ると、例年に増して自然災害の多い1年でもあるのと同時に、テレビのニュース(特にスポーツ界のことで)、今までの体制・在り方を見直すきっかけとなるような出来事が多くあった年のように思います。

これを踏まえ、改めて気が付かされるのは、自然界も人間社会もこれまで栄枯盛衰を繰り返してきたように、今現在がその見直しの時期であるのではないかということです。

また、このことを考えるときに、社会の最小単位である家庭・個人のなかでも、日頃、感じていることの棚卸、そこに向き合う時間を取ることを意識的に行っていく事が必要ではないかという事に気が付かされます。

そこで最近、私個人が習慣としているのが瞑想です。人は普通に生活しているだけでも、6~10万もの思考を働かせるといわれておりますが、情報が行き交う日常において、その荷を降ろして客観的に自分の状況を見ることが出来るようになりたいと思ったのが始めたきっかけでもありました。

また、その思考ほとんどが同じようなことを考えているというお話を聞いたことがある方も多いかと思います。(“同じような思考”については、自身も体感しています(^-^;)

現在、実施している瞑想は途中で意識が散漫になりそうになったときに呼吸に意識を戻していくということを繰り返し、それを日常生活の中でもそのような状態を維持することを目指しています。

そんな習慣を取り入れながら、この先あらゆる場面においても凛とした、しなやかな芯のある人を目指していきたいと思います。